※終了しました※桃のアシエット・パフェ(皿盛りパフェ)

↓はじめにこちらをご一読ください↓

【重要なお知らせ】
★レドゥーシャでは「パフェ=お菓子における総合芸術」と考え、パフェを考案してからお客様にご提供する瞬間まで、精一杯心を尽くして大切にパフェをお作りしています。しかしながら、お客様の増加と共にパフェを複数の方でシェアされることが増え、心を痛めており、苦渋の決断ではありますが、6/14(木)より「パフェを複数の方でシェアすること」をご遠慮いただくことになりました。詳しくは、2つ前のパフェ「ブラックスワン泳ぐパフェ」の投稿の冒頭部分をご覧ください。

※最近いただいたご質問:
Q1「同行者が食べきれなかった場合、他の人が残りを食べるのは?」→A. それについては問題ありません。
Q2「ちょっと苦手な食材が入っているんだけど、パフェは食べてみたい」→A. その食材の量を減らすか、他の食材に変えることが可能な場合は対応させていただきますので、ご予約時にお知らせください。※アレルギーのある方もできるだけご予約時にお知らせください。※ご希望に沿えないこともございますので、あらかじめご了承ください。

【パフェをお召し上がりのお客様へのお願い】
★できるだけ前日までのご予約をお願いいたします。
レドゥーシャのパフェは、高品質の素材のみを使ってひとつひとつの要素を丁寧に手作りすることにこだわり、厨房ではご予約のお客様へのご提供時間に合わせて様々な準備をしています。
レドゥーシャでは、早朝から夜間までの限られた時間の中で、パフェ以外にも様々な焼き菓子、アイス、ジュレなどをシェフパティシエールが1人で全て手作りしております。
全ての商品のスムーズなご提供のため、パフェをご希望のお客様にはできるだけ前日までのご予約をお願いしております。
当日、急に行けることになった場合も、できればお電話でご予約いただけますと待ち時間が少なくなりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
※8月現在、事前にご予約いただける方が9割を超えており、皆様のご理解、ご協力に心より感謝しています。ご予約がない場合、「ご予約済みのお客様の後のご提供」となり、かなりお待ちいただくこともございますので何卒ご了承ください。

★夏季期間中(8月または9月中旬まで)は、1度にご提供できる数を「2食」までとさせていただきます。
レドゥーシャの自家製アイスは保存料を使用しないため、特に夏は大変溶けやすいという性質がございます。6月頃までは1度に3食(3名様)までお受けしておりましたが、厨房の冷房や冷蔵庫の機能には限界があり、大変心苦しいのですが、夏季期間中は1度にご提供できるパフェの数を「2食」までとさせていただきます。3食、4食以上でご予約希望のお客様には、2食ずつ時間差でお作りすることは可能です。

【レドゥーシャのパフェへの基本的なこだわり】
・フランス焼き菓子を愛する店として、フランス焼き菓子の良さを伝えるためにパフェをお作りいたします。
・製菓を教えてくれたフランスに敬意を表し、発酵バター、小麦、紅茶、塩などできる限りフランス産の素材を使用いたします。
※ただし良質なもののみです。
・焼き菓子、アイス、ジュレ、クリーム類(ムース、クレムー含む)を全て自家製とし、業務用の植物性ホイップクリーム、コーンフレークなどの市販の焼き菓子、業務用アイスを使用いたしません。また保存料、安定剤、合成着色料、マーガリンなどの人工油脂を使用いたしません。

– – – – –
それでは、新作パフェのご紹介です。


「桃のアシエット・パフェ
〜白鳥の騎士『ローエングリン』とピーチ・メルバに想いを寄せて2018〜」

<コンセプト>
19世紀末、ロンドンのサヴォイ・ホテルの料理長だったフランス人シェフ オーギュスト・エスコフィエ氏が、ロイヤル・オペラ・ハウスにてリヒャルト・ワーグナー作のオペラ「ローエングリン 」出演のためロンドンに滞在していたオーストラリア人歌手ネリー・メルバのために作った特製デセール、「ピーチ・メルバ」。
シェフ・エスコフィエがホテル王のリッツ氏と共に設立した料理学校「エコール・リッツ・エスコフィエ」で製菓を学んだパティシエールが、伝説の「ピーチ・メルバ」に想いを寄せつつ、デセールが生まれた背景や演じられたオペラ「ローエングリン」の内容も加味し、レドゥーシャ初のオリジナル皿盛りパフェ(アシエット・パフェ assiètte-parfait)をお作りいたします。
※アシエット・パフェは皿盛りデセール(assiètte dessert)とパフェ(parfait glacé)を合わせた造語です

※ピーチ・メルバを知らない方のために・・
ピーチ・メルバとは、元々
・完熟した桃のコンポート
・バニラアイス
・フランボワーズ(木苺)のピュレ
を使い、シェフ・エスコフィエが考案したシンプルなデセールです。
オペラ「ローエングリン 」に白鳥が曳く小舟が出てくることから、氷を彫って白鳥をかたどった器にデセールを盛り付けたと言われています。

——-

それでは、桃のアシエット・パフェの中身の説明です。

【画像左: 白鳥のシュー】
オペラの中で騎士を乗せた小舟を曳くオスの白鳥をイメージしたデセールです。
以前のパフェでお作りした”プチスワン”よりも少し大きめです。
中身はできるだけ元祖ピーチ・メルバに近付け、余分なものを使わずシンプルに作ります。
<構成>(外側と上から)
・白鳥のシュー ※限定!!
・クレーム・シャンティ(砂糖を加えて泡立てた生クリーム) ※限定!!
・フレッシュミルクアイス
・国産桃のコンポート ※限定!! ※外からは見えません
・フランス産フランボワーズのピュレ※別添えのため画像には写っていません
※ミルクアイスの上からピュレをかけてお召し上がりください。


【画像右: 桃のミニパフェ】
ネリー・メルバが演じたオペラ「ローエングリン」のヒロイン、清らかな姫エルザをイメージした、
レドゥーシャオリジナルの桃のミニパフェです。

<構成>(上から)8/22現在
・ミニパフェ用 特製サブレ付きフロランタン ※NEW&限定!!※ヌガーから変更し、バージョンアップしました!!
・フランス産白桃のソルベ&クリーム ※NEW&限定!!
・国産桃のコンポート ※限定!!
・パリ直伝 クレーム・シトロン※外からは見えません
・フランス産白桃のクレムー ※NEW!!限定
・フランス産白桃のジュレ ※NEW!!限定

※白鳥のシュー、桃のミニパフェ共に、時期により多少内容が変わる場合がございます。

フランス焼き菓子であるフロランタン、桃と桃を使ったアイス・クリーム類、前の季節の名残&アクセントとして入れるレモンのクリーム、これらのマリアージュはレドゥーシャでしかお召し上がりいただけません。

ピーチ・メルバに想いを寄せるパフェは今年で3回目ですが、今回初めてフランス産白桃のピュレを使い、日本の桃と組み合わせてみました。
尚、お皿はオペラ「ローエングリン」にちなみ、白鳥が曳く小舟をイメージした”舟形”のものを選んでいますが、使う器はその都度異なります。
リピートしてくださる方には、器による印象の違いも楽しんでいただければ幸いです。
– – – – –

<価格> (※表記方法を変更させていただきました)
1食1690円(+税)
※当店は1ドリンク制です。パフェドリンクセットで▲150円引きになります(500円未満のドリンクは▲50円引きです)

※スタンプカード特典などの割引を利用される場合、ドリンクセット割引は適用されません。

<日程、ご予約方法など>
※ご注意ください※
・本パフェは仕込みの都合で朝11時~のご提供とさせていただきます。(LO18時)
・2018/7/26(木)~8/26(日)まで※最終日はご予約のお客様のみとなる可能性があります
・木・金→1日5食限定、土・日→1日10食限定です。
※前日までにご予約いただいたお客様を優先させていただきます(当日でもできればご予約いただけますと、お待たせする時間が短くなります)
・ご提供に20~25分ほどお時間を頂戴いたします。(ご予約数、店の状況により前後する場合があります)
・ご予約はお電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagram、Twitterのダイレクトメッセージにて承ります。 1)お名前(フルネーム)、2)ご予約数・カフェご利用人数、3)ご来店日・時間、4)当日連絡が取れるお電話番号をお知らせください。当店からの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。(メールの方は@gmail.comからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。)
・ご予約時間は00分、30分単位でお願いしています(例:11:00、11:30)。ご予約状況により、お時間を調整させていただく場合がございます。

最後まで御覧いただきありがとうございました。
それでは皆様からのご予約をお待ちしております!!

※パティシエールの独り言1
シェフ・エスコフィエがフランス人であることからフランス語読みの”ペシュ・メルバ”(Pêche Melba)という人もいますが、当時イギリス領オーストラリア生まれのネリー・メルバさんのために作ったデセールであれば、きっとシェフは「ピーチ・メルバ(Peach Melba)」と英語で名前をつけたのではないか・・と私は思います。

※パティシエールの独り言2
最近、クラシック音楽、ピアノ、特にオペラが好きでたまりません。新作の試作や閉店後の仕込みも、大抵youtubeでこれらを流しながら行っています。今回はもちろん「ローエングリン」を! 49歳のドミンゴが最高でした! どうしてこんなにオペラが好きなのかと思っていましたが、実家の母がクラシック好きなことと、亡くなった叔父がロンドンのロイヤルオペラハウスで長くバイオリニストを務めていたことを思い出しました。ロンドン、ロイヤルオペラハウスと言えば「ピーチ・メルバ」と深い関係が・・! このデセールが私にとって何だか特別なものに感じる訳が分かった気がしました。pâtissière Sono