【完全予約制・ご予約方法はこちらから】フランス焼き菓子と桜のパフェ〜サブレブルトンを添えて〜

※お断り※
「フランス焼き菓子と桜のパフェ」は3/22〜ご来店前日17時までの完全予約制とさせていただいております。今回のパフェはいつものように全ての要素が手作りということのほか、今までのパフェよりも凝った作りのため準備に多くの時間がかかり、当日対応が難しいためです。レドゥーシャのパフェは一人で作っておりますので、パフェをご希望のお客様はあらかじめご予約くださいますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
– – –


【パフェを予約されるお客様へ】

◎『レ・ドゥー・シャは、フランス焼き菓子と自家焙煎珈琲のお店です。』
パフェをお作りしているのは、「スペシャルティ珈琲・フランス焼き菓子の美味しさ」を特に皆様に知ってほしいという思いからです。ただ、「パフェの中に入っていると、焼き菓子の味がわかりにくい」というお声もたくさんいただいてきました。そのため、現在パフェをお召し上がりになるお客様には、そのパフェに使用しているフランス焼き菓子をひとつセットにさせていただき、パフェの「前菜」としてイートインでご提供させていただきます。皆様にレドゥーシャのフランス焼き菓子を今まで以上に楽しんでいただければ、こんなに嬉しいことはありません。

◎1食のパフェを複数の方でシェアすることはご遠慮いただいております。
前菜の焼き菓子を含め、パフェの全ての要素が合わさり、ひとつの「世界」を形成しておりますので、何卒ご理解のほどお願いいたします。

◎焼き菓子、アイス、クリーム、ムース類全てをパティシエールが素材からひとつひとつ手作りしています。
コーンフレーク・市販のクッキー・フィヤンティヌなど既製品・業務用の焼き菓子、純生クリーム以外の業務用ホイップクリーム・マーガリンなどの人工油脂、合成着色料、保存料を使用せず、体に優しい手作りのパフェを皆様にご提供しております。

– – –
それでは新作パフェのご紹介です。

【フランス焼き菓子と桜のパフェ〜サブレブルトンを添えて〜】

<コンセプト>
少しずつ暖かくなり桜の開花を間近に控えたこの季節、レドゥーシャ初の『桜』をテーマにしたパフェをお作りいたします。
今回初めてお作りする、高級料亭でも使用する「吉野本葛」を使った桜のクレムー、フランス産チーズを使ったレアチーズのクレムー、フランス産発酵バター・小麦を使ったフランス焼き菓子たちを合わせ、咲き始めると短い間に散ってしまう桜のはかなさを表現いたします。

今回の前菜は「サブレ・ブルトン」。レドゥーシャでとても人気のある定番品で、ゲランドの塩がアクセントになったフランス・ブルターニュ地方の焼き菓子ですが、前菜としてだけでなくパフェの中にも使っています。
普段焼き菓子にあまり縁のない方でも、クリームやいちごと共に楽しんでいただけるよう工夫を凝らした、レドゥーシャならではのパフェです。

<構成> 桜に始まり、桜で終わる構成になっています。
・桜の花の塩漬けを使った桜のプチタルト※NEW&限定
・桜の枝をイメージしたサブレ・ショコラ・アマンド※限定
・ミルクと桜の自家製アイス※限定
・クレーム・シャンティ※限定
・旬の国産いちご(内部)※限定
・「吉野本葛」を使った桜のクレムー※NEW&限定
・ブルターニュの地方菓子「サブレ・ブルトン」※数ヶ所にランダムに入ります
・フランス産レアチーズのクレムー※限定
・旬の国産いちご※限定
・ミルクと生いちごの自家製アイス※NEW&限定
・看板お菓子「フィナンシェ・フランセ」のクルトン※限定
・桜のグラニテ(氷菓)※NEW&限定
・桜の花の塩漬け※限定

※内容は予告なく変更する場合がございます。
太字になっているのは焼き菓子です。
※NEW=新作、限定はパフェ限定の要素です。
※クレムー(crémeux)とはムースの一種で、ムースより泡が少なく濃厚なものを言います。フランスでは固めに作り、ケーキの内部に使用することが多いです。

<各焼き菓子の説明>

◎サブレ・ブルトン(ガレット・ブルトンヌ)
・・・フランス北西部ブルターニュ地方の焼き菓子。普通のサブレ(クッキー)に比べて厚めで、ザクザクとした歯触りが特徴です。レドゥーシャではフランス産発酵バター・フランス産小麦・本場ブルターニュの「ゲランドの塩」を使用することで、本場の味にできる限り近付けています。店頭でも販売していますので、ご家族やお友達へのお土産に是非ご利用ください。

◎看板お菓子「フィナンシェ・フランセ」
・・・これがなければレドゥーシャは存在しなかったと言える看板お菓子。フランス産発酵バターを程良く焦がし、フランス産小麦の粉、アーモンドパウダー、卵白などで作る生地を独自の温度管理で焼き上げる、他では決してお召し上がりになれない焼き菓子です。一般的な日本のフィナンシェのように袋詰めや作り置きはせず、外がカリッと、中はもっちりとした状態の焼きたてのみを店頭に並べます。
※本パフェではパフェのクリームやアイスに負けない食感にするため、底部にフランス産発酵バターでカリカリにソテーした「フィナンシェのクルトン」を使用しています。クルトンとはフランス料理の付け合わせに使われる、パンやじゃがいもなどを油でカリカリに揚げ焼きしたもののことですが、フィナンシェをクルトンにするのはレドゥーシャ独自のアイディアです。

<価格>
※ご来店前日の17時までにご予約が完了した方には割引させていただきます。
パフェ1食2190円+サブレブルトン付き170円で2360円(+税)のところ→→ご来店前日の17時までのご予約で100円割引させていただきます。
※当店は1ドリンク制です。ドリンクセットで▲50円引きさせていただきます。
※スタンプカード特典、お誕生日割引など割引を利用される場合、早割・ドリンクセット割引は適用されません。

<ご提供日>
◎ご提供期間:2019/3/14(木)〜4/7(日)予定、木・金・土・日のみ ※月曜・火曜はパフェはお休みです。
◎ご提供時間:11:30~18:00L.O.(19時閉店)

<ご予約方法>
※早割は、以下の項目全てをご来店前日の17時までにお知らせいただいた方に限らせていただきます。

(17時から翌日の仕込を始めますので、17時ぎりぎりの「明日まだパフェありますか?」などの一言メッセージや、お電話番号が書かれていないなど不備がある場合は割引対象となりません。)
– – –
お電話、メール(infolesdeuxchats@gmail.com)、Facebook、Instagram、Twitterのダイレクトメッセージにて以下をお知らせください。

1)パフェ予約希望であること
2)お名前(ご本名のフルネーム)
3)ご予約数・カフェご利用人数
4)ご来店日・時間
5)当日連絡が取れるお電話番号
6)看板お菓子のフィナンシェなど、当日お取り置きを希望される焼き菓子、珈琲豆(ラインナップは新着情報をご覧ください)
※ない場合はその旨明記してください

当店からの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます。(@gmail.comからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。)
※ご予約時間は00分、30分単位でお願いしています(例:11:30、12:00など)。ご予約状況により、お時間を調整させていただく場合がございます。

<注意事項>
※木・金→1日5食限定、土・日→1日10食限定です。平日の月曜・火曜はパフェはお休みです。
※原材料の都合で、予定日より早く終了する場合がございます。
※レドゥーシャのパフェはご予約時間の約1時間前から事前準備を開始し、お客様ご来店後、ご提供までに20~25分ほどお時間を頂戴いたします。(ご予約数、店の混雑状況により前後いたします)
※一度に提供できるのは2食まで、それ以上は時間差でご提供いたします。
※セットの焼き菓子につきまして:以下の理由でご同行の方へのご提供(シェア)はご遠慮いただいております。↓↓
パフェに前菜の焼き菓子がセットになっておりますが、それは、
「焼き菓子(と珈琲)の店であるレドゥーシャのパフェをお召し上がりのお客様に、パフェの中に入っている焼き菓子を単品で別添えすることで、焼き菓子を今まで以上に楽しんでいただきたい」
という思いからです。申し訳ございませんが何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
– – –

最後まで御覧いただきありがとうございました。
皆様からのご予約をお待ちしております!
Les Deux Chats
Chef Pâtissière Sono