※パフェは5/25〜再開しました※

※5/25~パフェのご提供は不定期で再開しております。
– – – – –
いつもレドゥーシャをご利用いただきありがとうございます。
2016年夏より不定期で始めた手作りのパフェですが、2017年3月〜2019年4月までの約2年2ヶ月に亘りほぼ月替りで新作パフェを生み出し続けてきました。
その間、地元のメディアや著名な評論家の方、SNSでの口コミなどにより、パフェ愛好家の方の間でレドゥーシャのパフェは少しずつ知られる存在になりました。
今では他県などの遠方からも多くのお客様がパフェを予約してくださり、非常にありがたいことだと思っております。

しかしながら、パフェばかりがスポットライトを浴びることにはずっと違和感を感じてきました。
本当に美味しい自家焙煎珈琲とフランス焼き菓子をご提供したくて店を開いたのに、いつのまにかパフェ中心の生活となり、元々作りたかった焼き菓子を十分に作る余裕のない生活・・
このままではレドゥーシャはパフェブームに飲み込まれ、自家焙煎珈琲店・フランス焼き菓子店ではなく「パフェ屋さん」になってしまうのではないか・・
万が一そんなことになれば、何のために店を作ったのか分からなくなり、自分たちの存在意義を否定することになってしまいます。

パフェには他のものにはない独特の世界があり、多くの人がその魅力の虜になっていることでしょう。
エンターテイメントであると言う方がいるのも納得です。
ただ、作り手にとってその魅力は魔力のような力をもち、恐ろしい魔物のように何もかも飲み込まれそうになることがあります。
完全に飲み込まれる前に自分を取り戻し、焼き菓子店としての原点に戻るため、パフェ作りを一旦中止いたします。
パフェ”だけ”を好まれる方にはがっかりさせることになると思いますが、レドゥーシャの珈琲・焼き菓子を好きでいてくださる方、興味をもってくださる方に今まで以上に高品質で美味しいものをご提供できるよう、精進いたします。

まだお客様が少なかった頃、自家製アイス、焼き菓子、珈琲の美味しさをただ常連さんに伝えたい、楽しんでほしい・・パフェを作り始めた頃のそんな純粋な気持ちを取り戻せる日がもし来たら、その時はまたお作りできればと思います。

尚、それでもパフェが食べたい! という方には、今まで通り「ミニパフェ」をご用意いたします。

皆様に作り手の思いが伝われば幸いです。
今後ともレドゥーシャをよろしくお願いいたします。

6 avril 2019
Les Deux Chats
Chef Pâtissière Sono